服装・焼香編

ホーム > 葬儀のマナー > 服装・焼香編
   

葬儀に参列する際の服装、および焼香の作法をご紹介いたします。

喪服

 

葬儀は故人をお見送りする、その方の人生最期の大切なセレモニーです。故人に失礼のない葬儀参列者の装いは下記のとおりです。

通夜の場合

男性の場合、喪服ではなく黒の略式礼服を着用した人が多くなりました。また黒系のスーツを着ている人も見かけます。これは通夜は急いで駆けつけたことを意味し、失礼にはあたりません。
女性の場合は、洋装であれば黒系のワンピースかツーピース、和装であれば紋つき羽織を着用します。

葬儀の場合

遺族や近親者、世話役代表者は正式の喪服を着用しますが、その他の一般弔問客は略式の喪服でよいでしょう。
略式の揚合、男性はダークスーツに黒ネクタイ、黒の靴下を身に付けます。 女性の場合は、洋装であれば黒系のワンピースかツーピース、和装であれば黒の一つ紋の着物、帯やハンドバックなども黒でそろえます。アクセサリー類はタブーとされていますが、真珠はかまわないとされています。

焼香の仕方

 

日本では仏教伝来とともに身を清めて仏を供養する必要から、焼香の習慣が取り入れられました。一般的な焼香の作法は下記のとおりです。

  1. 一礼して霊前に進みます。
  2. 右手の親指と人さし指・中指で香をつまみます。
  3. 左手を受けるように添えながら、押しいだくような形で捧げます。
  4. 香炉に静かに入れます。
  5. 再び遺影に合掌、一礼をしてから下がります。

※ 焼香の回数や線香の本数などは宗派によって変わります。仏式の葬儀で焼香の仕方が不明な場合は、ご自分の宗派の焼香回数でご焼香してください

数珠の使い方

 

数珠は別名「念数」ともいわれ、魔よけの道具、仏様と心を通わすための道具として用いられています。数珠の扱い方は下記のとおりです。

  1. 焼香の順番が回ってくるまで、数珠は左手首にかけて自席で待機します。
  2. 焼香の際は、数珠は左手に提げ持ち、右手で焼香をします。
  3. 焼香後は、数珠を両手に持ち替えて合掌します。
  4. その際、合わせた両手にかけて両親指で押さえ持ち、胸の位置の高さに添えて一礼します。
葬儀のマナー
服装・焼香編香典・香典返し編
ページ上部へ

お問い合わせ・資料請求